ソーシャルメディアポリシー

はじめに

私たちヴィアインホテルチェーン(以下、「当グループ」といいます。)の役員および
従業員(パートタイマー、アルバイト、派遣従業員等の全従業員を含みます。
以下「私たち」といいます)は、ソーシャルメディアの利用に際して、

  • 発信した情報は、即時に伝達されてしまい、またいったん発信されると完全には削除できない、という特性を持っている
  • 交わされる情報が、社会や当グループ全体に影響を及ぼす可能性がある

との認識に基づき、次の基本姿勢に従って利用します。
また、当グループは公式ホームページおよびソーシャルメディアにおける公式アカウント(以下、「本サービス」)を利用することにより、
当グループに関連する商品・サービス情報やプロモーション情報の発信と、ユーザーの皆さまとのコミュニケーションを実現することを
主な目的としています。ユーザーの皆さまが本サービスにコメントやリンク、
その他のコンテンツ(以下、総称して「ユーザーコンテンツ」)といいます。)を投稿していただく際は、
本ソーシャルメディアポリシーをよくお読みいただき、内容をご理解いただきました上で、本サービスを閲覧し、
またはユーザーコンテンツを投稿されますようお願い致します。


基本姿勢

  • ① 私たちは、情報の発信や対応に責任をもち、誤解を与えないように充分注意をします。
  • ② 私たちは、他の発信者の発言に謙虚に耳を傾ける姿勢をもちます。
  • ③ 私たちは、業務上知り得た秘密情報について、正当な許可なく公開しません。
  • ④ 私たちは、知的財産権やプライバシー、肖像権などの第三者の権利を尊重し、それを侵害する行為を行いません。
  • ⑤ 私たちは、法令・その他社会規範を遵守し、良識ある社会人として誠実な態度でコミュニケーションを行います。

※この基本姿勢は、当グループの役員および従業員(パートタイマー、アルバイト、派遣従業員等の全従業員を含む)に適用されます。



1.免責事項

  • (1)当グループが本サービスに投稿するコンテンツは、当グループの役員・従業員の意見を反映しているわけではありません。
  • (2)当グループは、本サービスにおける文言や主張の正確性・完全性を保証することも、
    ユーザーコンテンツに対する責任を負うこともありません。
    なお、当グループの公式発表・見解については、ニュースリリースをご覧ください。
  • (3)全てのユーザーコンテンツに対しての返信はお約束致しかねます。ご了承ください。
  • (4)当グループは、本サービスに掲載する内容の全部または一部をユーザーの皆さまへ事前の告知なしに変更する場合があります。
  • (5)本サービスは当グループ側の事情により、一部または全部の提供を中止させていただく場合があります。
    なお、当該中止によりユーザーの皆さまに損害が生じた場合であっても、当グループはいかなる責任も負いません。
  • (6)当グループホームページ以外はそれぞれ異なるクライアントによって運用されております。
    システム運用状況や技術的なご質問、サイトならびに第三者から提供されているソフトウェアの機能や
    ご利用方法に関する質問などについてはお答えすることができません。

2.遵守事項

ユーザーの皆さまは、本ソーシャルメディアポリシーおよび各ソーシャルメディア利用規約を遵守していただきますようお願い致します。
下記の行為または内容に該当するユーザーコンテンツについては、当グループの判断によって、
ユーザーの皆さまに断りなくこれを削除するなど適切な処置を取らせていただくことがあります。

  • ① 第三者もしくは当グループの財産もしくはプライバシー等を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為。
  • ② 第三者もしくは当グループに、不利益もしくは損害を与える行為、またはその恐れのある行為。
  • ③ 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為。
  • ④ 特定の宗教による布教活動等の行為。
  • ⑤ 公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為。
  • ⑥ 犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはその恐れのある行為。
  • ⑦ 他人の電子メールアドレスを登録する等、虚偽の申告、届出を行なう行為。
  • ⑧ 営業活動もしくは営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為。
  • ⑨ 第三者もしくは当グループの名誉もしくは信用を毀損する行為。
  • ⑩ コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはその恐れのある行為。
  • ⑪ その他、法律、法令もしくは条例に違反する行為、またはその恐れのある行為。
  • ⑫ その他、当グループが不適切と判断する行為。

3.著作権について

  • (1)本サービスに表示される情報などの著作権およびその他の権利は、
    当グループまたは当グループに使用を認めた権利者に帰属しており、
    各国の著作権法、各種条約及びその他の法律で保護されています。
    ユーザーの皆さまは、私的使用その他法律によって明示的に認められる範囲を超えて、
    本サービスに掲載されている内容を使用(複製、改ざん、頒布などを含む。)することはできません。
  • (2)本サービスの利用を通じ、当グループからユーザーに直接送ったメッセージなどの内容に関する著作権は全て当グループに帰属しており、
    当グループに無断で転用・転載することはできません。
  • (3)本条の規定に違反して権利者や他のユーザーの皆さま、第三者との間で問題が生じた場合、
    ユーザーの皆さまは自己の責任と費用においてその問題を解決するとともに、
    当グループに何の迷惑または損害を与えないものとします。

4.投稿された内容の利用

当グループは、ユーザーコンテンツを投稿された方の承諾を得ることなく、
広告・宣伝、利用促進、商品開発の目的で利用する場合があります。
なお、この場合でも、当グループはもととなった投稿のユーザー名を表示する義務を負いません。
また、ユーザーコンテンツと今後当グループが開発、発表、販売する商品が類似していても、
投稿された方には報酬や、開発に伴う権利等は一切発生致しません。


5.リンクについて

  • (1)ユーザーの皆さまは本サービスに対して自由にリンクを貼ることができるものとします。
    ただし、以下の内容が含まれるウェブサイトからのリンクを貼ることはできません。
    • ① 公序良俗に反する内容
    • ② 諸法令に違反する内容
    • ③ 当グループ(関係会社を含む)または当グループの関係者を誹謗中傷する内容
    • ④ その他当グループの企業価値を毀損すると客観的に判断できる内容
  • (2)ユーザーの皆さまが本サービスにリンクを貼る場合、原則としてトップページに設定するものとします。
    リンク先のページは、予告無く変更されたり、無くなる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
  • (3)当グループの都合によるページの移動や消去などによって発生したいかなる不利益に関しても、
    当グループは一切の責任を負わないものとします。

6.不当な投稿やトラブル発生時の対応について

  • (1)ソーシャルメディアの利用に関して、トラブルが発生し、何らかの被害を受けたり、
    会社に影響が及ぶことが想定される場合は、本ポリシーおよび社内規程に基づいた判断の上で対応するものとします。
  • (2)当グループは本サービス上における、ユーザー間、
    もしくはユーザーと第三者間のトラブルによって生じた損害に対する一切の責任を負いません。
  • (3)当グループの公式ホームページの文章やリンクおよび撮影した建物の画像等を第三者が無断で使用し、
    ソーシャルメディアが炎上した場合等のトラブルが発生した際には、当グループは一切の責任を負いません。
    また、その事実により当グループが不利益を被ったと判断される場合、当事者に対して損害賠償請求を行うことがあります。

- 以上 -

制定 : 平成26年3月31日