受験を成功に導く!ホテル選びのポイント

自宅から離れた大学を受験する場合、宿泊を伴うために普段とは異なる環境に不安を覚える方も多くいらっしゃることでしょう。

ベストコンディションで受験に臨むために、ホテル選びも妥協はしたくないですよね。

自宅同様にストレス無く過ごせ、大学受験を成功に導くホテル選びのポイントをご紹介します。

ホテル選びのポイント5選

1.試験会場までのアクセスを重視しよう

まず、第一のポイントは、試験会場までのアクセスです。

試験会場からできるだけ近いホテルを選ぶことで、当日の朝にゆとりが生まれ、落ち着いて試験に臨むことができます。

通勤・通学ラッシュでのストレスが軽減できることもメリットですね。

ほかにも、ホテルの立地条件として、

・駅から近いこと(見知らぬ土地で道に迷ってしまわないか不安な方も安心)

・近くにコンビニがあること(24時間必要なものをすぐに買い足せる)

などもチェックしましょう。

2.広い机のある部屋を選ぼう

勉強がしやすいよう、広い机のある部屋を選ぶとよいでしょう。

最後の追い込み!というわけではないですが、不安なときは問題集を解くと落ち着くもの。

さらに、ホテルによっては手元を明るく照らしてくれる電気スタンドの貸し出しを行っているところもあります。

ホテルの部屋はリラックスできるよう照明が暗めになっていますので、勉強の際にはぜひ活用するとよいですね。

3.乾燥大敵!部屋に加湿器があるかチェックしよう

お部屋の設備として、加湿器があるかどうかチェックしましょう。

自宅とホテルの部屋とで、大きく異なるのが湿度です。

ホテルの部屋は、機密性の高い構造により外気が入らないことに加え、エアコンを使用することで湿度が下がってしまいます。

部屋の乾燥が原因で、喉を痛め風邪をひいてしまっては、受験当日のコンデションに大きく影響してしまいかねません。

4.やっぱり睡眠が大切

快眠にこだわったマットレスを使用しているホテルや、ベッド幅にゆとりのあるホテルを選ぶのもおすすめです。

コンディションを整えるために最も重要なのは、やはり睡眠です。

試験の前日はあまり無理をせず、ゆっくり身体を休めることに集中しましょう。

5.便利&安心なサービスをチェック

チェックイン前やチェックアウト後に荷物を預かってくれるサービスがあれば、試験会場に持っていく荷物を減らせ、身軽に行動できます。

また、24時間有人フロント対応を行っているホテルの場合、何か困ったことがあれば時間を問わず対応してもらえるため、一人の宿泊でも安心です。

ホームページ等でチェックしてみましょう。

では、いつから予約する?

大学受験シーズンに近付くにつれて、上記のような条件が良く人気のホテルは埋まりがちになってきます。

では、実際にいつ頃から予約をすれば良いのでしょうか。

ずばり、受験校が決まり次第、年内のなるべく早い時期に予約をするのがベストです。

大手進学塾の河合塾が実施した『2019年度Kei-Net特派員アンケート』によると、大学受験の際に宿泊を経験した先輩の61.4%が年内にホテルを予約しています。

さらに、そのうちの2割に近い、18.4%の先輩が7月以前に予約をしたのだとか。

年が明けて、大学入学共通テスト後の1月後半は予約が殺到します。

また、早めに宿泊先が決まっていた方が精神衛生的にも良いでしょう。

ホテルによっては受験生向けの特典付きプランを用意しているところもあります。

せっかくなら、そういったプランを選びたいですね。

全国10都市26ホテルを展開するヴィアインホテルチェーンでは、受験生の皆様へのおすすめポイントが詰まった「受験生におすすめ!受験生の宿」宿泊プランをご用意しています。

ヴィアインホテルチェーンが受験生の宿泊におすすめな8つの理由

1.すべてのホテルが駅から徒歩5分圏内の好立地

2.勉強に最適な広い机を設置

3.電気スタンドの貸し出しサービスあり(一部ホテルでは非対応)

4.全客室に加湿空気清浄機を標準設置

5.ベッドには、こだわりブランドのマットレス(サータ、シモンズ等)を使用

6.チェックイン前・チェックアウト後の荷物預かりサービスあり

7.24時間有人フロント対応実施

8.一日のはじまりをサポートする無料朝食サービスあり(一部ホテルでは有料朝食)

受験本番だけでなく、遠方の学校のオープンキャンパス参加等で宿泊が伴う場合にもおすすめです。

ぜひチェックしてみてください。

▼ご予約はこちらから

カテゴリー一覧に戻る